どうする?お金貸してから返ってこないなどのトラブル

「ホント申し訳ないんだけど、お金貸してください」と言われ、困っているところを見かねてお金貸してあげたけど、その後一切返済してくれないということもあると思います。

 

お金貸してから返ってこないなどのトラブルは結構多いようで、それが悩みという方もいることでしょう。

 

信用してお金貸してあげたのに返済してくれない

銀行や消費者金融などのカードローンの場合、一定の利用条件を満たすことができれば、無担保・無保証人でお金貸してもらうことが可能になります。

 

また個人間でのお金の貸し借りでも一般的には担保や保証人は不要となるため、どちらも相手を信用してお金貸していることになりますが、金融機関の場合は審査や信用情報を厳しくチェックしてから融資をします。

 

それに対して、個人の場合には審査などの手続きがないため、時にはお金貸してから返ってこないなどのトラブルが起きやすくなるのです。

 

お金貸してから返ってこないなどのトラブルには注意が必要!

相手の方を信用してお金貸してから返ってこないなどのトラブルはさまざまあります。

 

たとえば、

  • 友達にお金貸して返済を催促したら逆切れされ絶縁された
  • 彼氏や彼女にお金貸して逃げられた
  • お金貸してと同僚に言われ貸した後に退職して音信普通になった
  • お金貸してと兄妹に頼まれ貸した後、催促がうざいと文句言われた
  • お金貸してと言う同僚に貸した後、借りた覚えないと言われた
  • お金貸してと女友達に頼まれ貸した後に、入院して返済が難しくなった

など多くのパターンでトラブルが発生しているようです。相手に対する好意でお金貸してあげたのに、相手の方は返済する気持ちがない・返したくてもお金がないなどで、お金貸してから返ってこないなどのトラブルに繋がっているのでしょう。

 

お金貸してから返ってこないなどのトラブルを防ぐ方法は?

絶対に返すからお金貸して下さいと言われ、信用してお金貸してから返ってこないなどのトラブルを防ぐ方法はいくつかあります。

 

たとえば、

  • お金貸してあげる前に返済期日をハッキリさせておく
  • 本当に信用できる人にだけお金貸してあげる
  • 心配な場合は借用書などの書類を作成しておく

などが考えられますよね。
親しい間柄で借用書を作成するのは相手を信用していないようでイヤという方もいると思います。その場合には本当に信用できる人にだけお金貸してあげるようにすることが大事になるでしょうね。

 

またその上で、「返って来なくても相手を恨まない」と思える金額や気持ちである必要もあるでしょう。そうでない場合、お金貸してから返ってこないなどのトラブルが起きた時、人間関係にも大きなキズがついてしまうと思います。

 

また、「お金貸してと言われても貸さない」という信念を持つこともトラブルを防ぐために有効と言えるでしょう。相手の方との関係を維持するために自分のポリシーを伝えてみるのも良いかも知れませんよ。