親しい間柄でのお金の貸し借り、借用書は必要?

個人間のお金の貸し借りを書面に記した最も簡易なものが借用書です。
具体的には、

  • お金の貸し借りの事実を証明する
  • 返済を確実なものにするため条件を明確に定める

ということになります。
借用書には、お金貸してあげたのに借りた覚えないと言われたり、返済方法についても口約束による言った言わないのトラブルが起きるのを防止する役割があるんです。

 

コチラのページで個人のお金の貸し借りを安心・安全にするために有効となる借用書について説明していますので、参考にしてみてください。
【参考:借用書エクスプレス

 

お金貸してもらう時に書く借用書って結局どんなもの?

借用書とは、お金貸してもらう方が一方的にその事実を認めるとともに返済を約束する書類のことです。借用書を作成した後は、お金貸してくれる方に保管してもらうのですが、通常はその1通のみしか作成しません。

 

簡易な書類となっている借用書のメリットは、お金貸してもらう方がその時にその場ですぐに書類作成ができるという点です。

 

借用書の作成には注意点がある

借用書は万が一返済してもらえないなどのトラブルが起きた時、裁判で証拠となる書類でもあるため、作成する際には注意するべき点があります。

 

借用書作成の注意点は2つ、

  1. 法律の要件を満たすための必要な文言が書かれていること
  2. 確実に返済してもらうための条件が書かれていること

となるんです。
以上の2点については次でもう少し詳しく説明していきます。

 

法律の要件を満たすため必要な文言とは

お金の貸し借りを証明するために、

  • 実際にお金を受取ったということ
  • 返済することに合意していること

が借用書に書かれている必要があります。
また返済期限の合意を示す文言も必要になり、確実に返済してもらうために必要となるんです。

 

確実に返済してもらうための条件とは

確実に返済してもらうためには、その条件をハッキリさせておく必要があります。

 

お金を受取ったという事実を証明するだけでなく、返済期限を明記し、その期限を守ってもらえなかった場合の罰則を決めておくことが、効果的にお金を回収できる方法となるのです。

 

借用書を作成する方法とは?

借用書作成の注意点を考慮して実際に借用書を作成する場合、

  • 金額
  • お金を貸した人の氏名・住所・押印
  • お金貸してもらった人の氏名・住所・押印
  • 返済期日
  • 契約日(お金貸してもらった日)
  • お金を受取った事実の文言

が必要な項目となります。
印鑑は実印が理想的と言えますし、大事を取るならお金借りる方の印鑑証明書があると安心かも知れません。

 

個人のお金の貸し借りで借用書は必要?

個人のお金の貸し借りであり、さらには親しい間柄であるため借用書は要らないんじゃないの?と考える方は多いでしょう。

 

もちろん、金額が少ない・あげてもいいお金ならば、相手の方を信用していないと思われることから借用書の作成を省略する場合は多いと思います。

 

ただし、やっぱり不安と思うならばお金貸してあげる方に借用書を書いてもらう必要もあるでしょう。(参考:法テラス「詳細」