どうしたらイイ?お金貸してくださいと言われた時の断り方

「本当に悪いんですが、お金貸してください」と友達や彼氏・彼女、同僚の方などに頼まれた場合、どのような対応をするでしょうか?

 

もちろん、その場合には

  • すぐにお金貸してあげる
  • 少し考えてからお金貸してあげる・断る
  • その場でキッパリと断る

のいずれかを選択することでしょう。

 

それでも結局お金貸してあげる、断るにしてもその後に何らかの影響がある場合もありますよね。また「しつこい、うざい」と思うくらい頼んでくる方もいるため、どうしたら良いのかと悩むこともあると思います。

 

コチラのページではお金の貸し借りで人間関係にキズがつかないようにするにはどうしたら良いのかについて取上げています。お金貸してくださいと言われて困っている時、またはそのような状況になる前に一読してみてくださいね。
【参考:お金を貸してほしいときは

 

お金貸してくださいと頼まれたら、すぐにお金貸してあげる?

親しい間柄の方からお金貸してくださいと頼まれた時、誰もが一瞬は悩むことでしょう。それでもその後の関係を悪くしないためや相手が困っていることを見かねて、すぐにお金貸してあげるというのも選択肢の一つと言えますね。

 

もちろん金額が高額ならば、今は手持ちのお金がない・しばらく考えさせてということもあるかも知れません。それでも少額であり、その時点でお財布の中にあるお金で足りる場合ならば、その場でお金貸してあげることもあるでしょう。

 

お金貸してあげることで相手が助かることになり、その時は最高に相手に感謝され、関係も良好になることと思います。ただし、その後に待っているのは後悔かも知れません。

 

お金貸してあげる場合、その場で返済について確認するべき

気前よくお金貸してあげた場合でも気になるのは返済ですよね。気軽にお金貸してあげた後で、返済について聞くことができなかった・聞き忘れたということもあると思います。

 

その場合には「いまさら返済について聞き難い」ということにもなるでしょう。あまりにも気軽にお金貸してあげた場合、相手は「返済はいつでもイイ」と勝手に思い込んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

一方、こちらは勢いもあって即座に貸してあげたお金でも、時間が経つと惜しくなり、「いつ返してくれるんだろう?」と思い始めるものですよね。

 

このような時にはお互いの認識が違ってくるため、お金の貸し借りでわだかまりができてしまう可能性もありますよね。

 

お金を貸してあげる時には、どんなに親しい相手であっても返済についてきちんと確認しておく必要はあるでしょうね。

 

お金貸しての言葉には慎重に対処するべき

お金貸してくださいと頼まれた時、手持ちのお金があってもなくても「今財布にお金がそれほどない」と言っておくと良いですね。

 

そのお金を用意できるまでに考える時間を作ることもできますし、その間に相手も気が変わったり、他の人に頼むこともあるかも知れません。

 

またその場ですぐにお金貸してあげるよりも少し時間を空けることで、気軽にお金貸してくれる人と思われずに済む効果もあるため、次からもまたお金貸してと言ってくることを避けることができるかも知れないですよね。

 

断るのもまた一つの選択肢

お金貸しての言葉にすぐにお金貸してあげるのではなく、少しの時間を作ることで、考えが変わる可能性もありますよね。お金の貸し借りは基本的にはしない方が良いので、やっぱり貸すのは止めたいと思うかも知れません。

 

その場合には断るのも一つの勇気であり、そんな選択肢もアリと言えるのではないでしょうか。

 

お金貸してくださいと言われたらキッパリ断る?

いつも親しくしている方から突然お金貸してくださいと言われた時でも、その場でキッパリと断るという方も多いでしょう。

 

もちろん、お金貸してあげるのも選択肢と言えますが、人間関係を悪化させないため、あえて断る方を選ぶこともあると思います。

 

ただしその場で断る場合には、お金貸してくださいと言われた時の断り方が大事になってきますよね。相手の方はお金が足りなくて困っているため、もしかしたらあなたが最後の望みと思っているかも知れないからです。

 

それでもお金貸してあげることができないなら、何らかの対策を考える必要があるでしょう。

 

お金貸してくださいと言われた時の断り方は色々とあります

お金貸してくださいと言われた時の断り方には、

  • 自分にもお金がないと言って断る
  • 自分の主義としてお金の貸し借りはしないと伝える
  • 親や旦那さん・奥さんがうるさいからと断る
  • お金貸してくれるところを教えてあげる

などがあるんです。
お金貸しての言葉に即座に「ムリ!」と言って断るよりも、人間関係を壊すことなくやんわりと断ることが大切ですよね。

 

自分にもお金がないと言う

お金貸してあげたいけど、残念ながら自分にも余裕がないということならば、相手の方も仕方ないと諦めるしかないこともあるでしょう。

 

たとえば、

  • 最近、残業がなくて給料が少なくなってしまった
  • 投資やパチンコでお小遣いを使い果たしてしまった
  • 家も生活費がギリギリで余裕のお金がない

などという答えが返って来た場合は、相手の方も納得するしかないですよね。

 

自分の主義としてお金の貸し借りはしない

自分はお金の貸し借りはしない主義であることを伝える断り方もありますよね。

 

相手が誰であろうとお金の貸し借りはしない、相手との関係にキズをつけないためには最良の方法であると考えていることをキッパリと言ってみるのも良いでしょう。

 

相手の方に対して「二人の関係を壊したくない」と言うことで、思いやりがあるからこそ断っているということを主張することもできるんです。

 

親や旦那さん・奥さんがうるさい

何とかして助けてあげたいんだけど、家は親・旦那さん・奥さんがうるさいからと言って断るのもまた一つの方法ですよね。

 

この場合には自分の自由になるお金があれば、今すぐにでもお金貸してあげたいという気持ちを伝えることができるため、関係を悪くする恐れは少ないと言えるでしょう。

 

お金貸しての言葉に対してやんわりとした断りの言葉を返す場合ためには、この際、身内の方に悪者になってもらうしかないかも知れませんね。

 

お金貸してくれるところを教えてあげる

「自分はお金貸してあげることはムリだけど、お金貸してくれるところを教えてあげることはできるよ」と言うのも良い方法と言えるでしょう。

 

そのことで、お金貸してほしい対象があなたから他へ移る可能性もあり、そこでなら相手の方もお金借りれるかも知れません。
それならばお互いに良いことですよね。

 

お金貸してくれるところには、

  • 生活福祉資金貸付制度や生活保護などが利用できる公的機関
  • 親や兄弟などの身内
  • 銀行や消費者金融などのカードローン

などがありますので、緊急性に応じてアドバイスしてあげると良いでしょう。

 

もしその方が今すぐにお金貸してほしいという状況ならば、大手消費者金融がおすすめかも知れません。大手のキャッシングサービスならCMでも有名ですし、一定期間無利息サービスがある金融機関もあるため、安心であり便利なんです。